Memphis Slim
この Memphis Slim、実にまああちこちに登場されておるんですね。
Robert Nighthawkのを始め、Little WalterFreddie KingMatt MurphyWashboard WillieJazz GillumBrewer Phillipsなどのとこでそれぞれ交流があった、一緒にやった、知りあった、なんて形で登場しておるのでございますよ。
もちろんそれ以外にも Big Bill Broonzyやサニー・ボーイなどとの交流もありましたし、なかなか隅におけない存在ですね。

John "Peter" Chatmanは 1915年 9月15日(あ、数字が 1と 5と 9しか使ってないのね)に、そのステージ・ネームどおり Tennesse州 Memphisで生まれています。
まさにブルースへの道を選ぶとしたらうってつけの土地( Tokyo-Blues: http://www.tokyo-blues.com の Blues Jokeにも、「ブルースマンの資格」のひとつに「メンフィスで人を射ち殺してる」が挙げられてましたなあ)で生まれ育ったワケで、幼少期あたりのことはあまり判りませんでしたが、いつしかピアノに興味を持つようになり、それも Roosevelt Sykesがお気に入りだったようです。そしてこの頃 Robert Nighthawkとも出会っているハズ。
1937年には Chicagoに移り、1939年には Okehへのレコーディングを経験しています。・・・と各種の資料ではなっていますが、ちょっと待っちくれい。Okehのレーベル名は 1935年に一旦消滅しており、コロンビアによって再開されるのは 1940年のハズじゃなかったっけ?というツッコミを入れるあなた、さよう、良くベンキョーしておられますねえ。
Too Much Storiesで触れたとおり、1926年11月11日に Columbiaに買収され、それでもレーベル名は使用され続けていたのですが、1934年に、その Columbia Recordsともども ARC-BC( American Record Company/ Brunswick Record Company)によって買収されてしまいます。
そして、それによって(合理化の一環として?) 1935年には一旦 Okehというレーベルは地上から消えてしまったのでした。
しかし、その ARC-BC自体もまた 1938年に William Paleyの the Columbia Broadcasting Systems(そ!お馴染みの「 CBS」でげす!)によって買収されちゃったのねん!で、ハナシはちと遡るけど、1931年に ARC-BCに買収されてた Vocalionが Okehのかわりみたいな存在だったワケです。それが CBSによる買収後、整理されてしまうこととなり、それじゃ、ってんで「復活させられた」のが第二次(?) Okehレーベルってワケ。

つまり、1939年の録音当時はまだ混乱期(?)で、リリースされた 1940年には Okehの名が使われていた、っちゅうことじゃないでしょか。
でもその 1940年には Bluebird(いわば Columbiaからライヴァルの Victor陣営にチェンジ!)と契約してるんですよね。そしてそこからは Big Bill Broonzyとの共演の時代でもあります。
この録音は 1940年10月30日、シカゴの Aスタジオで行われたものです。

そして第二次世界大戦が終了する前の 1944年までは Big Bill Broonzyとの活動も続きました。
大戦が終結した後、彼は Hy-Tone Recordsに 8曲を録音していますが、それらは後に Kingからリリースされています。
1947年( alt.1949年)には自らのバンド the House Rockersを結成し、Lee Egalnickのレーベル Miracle RecordsにLend Me Your Love Rockin' the House の録音を開始しました。
翌1948年にはNobody Loves Me を吹き込んでいますが、この曲こそ、Lowell Fulsonから B. B. Kingへと受け渡されていったあの名曲Everyday I Have the Blues であることは、みなさまもご存知のことと思います。
他にもMessin' Around (with the Blues) など彼の手になる曲は多く、それゆえに彼は「ソングライター」としてのプレゼンスも持ち併わせたユニークな存在として「光り輝く」ことになるワケで。

ただ、レコード会社はずいぶん渡り歩いています。 miracleから Peacock→ Premium→ Chess→ Mercury→ United・・・すんごいですねえ。
あ、これって 1952年から 1954年までの僅か 2年間の変遷だったらしいんですが、この時期、彼は Matt Murphyという得難いギタリストを「発見し」およそ 1950年代を一緒に過ごしております。
その Matt Murphyを伴って Vee-Jay Recordsに少しの期間、腰を落ちつけていますが、1960年代に入り、ヨーロッパでの公演を経験したことが、彼の行く末を大きく変えることとなりました。
黒人であることをもって為される不当な差別から開放されたヨーロッパでのツアーは、彼に深い感銘を与えたらしく、結局1961年( alt.1962&1963年)以降、彼は Parisに定住してしまいます。
そしてヨーロッパでの彼は演奏ツアーに、またSOUTHSIDE REUNIONのように「わざわざ」アメリカから録音しに(ツアーのついでかもしんないけど)来てくれる仲間もいて、充分にそのメリット(?)を享受したもののようです。

1988年 2月24日、腎臓の疾患により死亡しました。



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示されている広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-09-20 19:09

[ BACK to BIO-INDEX ]