Oscar Woods
Bob Brozmanはその著書、「The History and Artistry of National Resonator Instruments」の中で、「Oscar Woodsは’20年代の初頭に、米本土を巡業していたハワイアン・ショーを観た後でラップ・スタイル(ヒザの上に寝かせる弾き方)に変わった」と書いているそうで(未確認)、どうやら、ハワイアン・スタイルのスライドがブルースにもたらした影響というものも無視することは出来ないようですね。
メロウで流れるようにスムースなハワイアン・スティール・ギターは’20年代あるいは’30年代にはもうすでにアメリカではメジャーな存在であって、Bob Brozmanによればブルースばかりかジャズにも影響を与えている、とされています。
当然、Oscar Buddy Woodsもその影響下にあり、それはそのまま Black Aceにも受け継がれている、と考えるべきでしょうか。
このふたりは共にスパニッシュ・チューニング*のオープンG、あるいはオープンDでの演奏をメインにしていましたが、テクでは Woodsが上だったようです。
なお Oscar Woodsのギターは「Tri-Plate」というモデルらしいんですが、同社のサイトでも発見できませんでした。どうやら現行モデルではないようで詳細は不明です。

*スパニッシュ・チューニング・・・ E-A-E-A-C#-E(6弦→1弦)のオープン A、あるいはこの関係のまま全弦を1音下げるオープン Gを指す。
一方の「Vestapol」チューニングは、オープン D(D-A-D-F#-A-D)や、それを一音上げたオープン E(E-B-E-G#-B-E)がある。
ただし、この Spanishと Vestapolの二つは「ベーシックな」オープン・チューニングに過ぎず、実際には、さらに多くのオープン・チューニングが存在します。
ハワイアン・スティールの 8弦ギターあたりになると、全弦を同時に鳴らすことを「前提としない」チューニングがあり、3〜4本をセットとしてマイナー系和音や maj.7thまで出せるチューニングも存在します。また、同様にレギュラー・チューニングではないものの、オープンで弾くと和音にならない「変則チューニング」(例えば、1弦あるいは6弦の「E」を1音下げて「D」にする、「セミ・オープン G」と「ドロップ D」、有名な Albert Collinsの「Em(E-B-E-G-B-Eこちらは和音になるのでオープン・チューニングと言っても良いのですが、スライドではないので、全弦を同じフレットで弾くことはなさそ)チューニング」など)もありますが、そちらは「スライド」を前提とはしていないので、ここではちょっとカンケー無いっすね。


正確な誕生日は判りませんが、Oscar Woodsは Louisiana州 Shreveportで生まれています。
で、資料不足のため途中をガバっ!とはしょって、(はしょり過ぎ?)しゃーないので(ソロでの)レコーディング・データでお茶を濁すとしましょ。

1936年3月21日 Lone Wolf名で吹き込み(New Orleans)
Evil hearted woman blues 60847;Document DLP 517, MCA MCA-3528, Yazoo L-1026
Lone wolf blues 60848-A;Document DLP 517, MCA MCA-3528, Paltram PL-102など
Don’t sell it - don’t give it away 60849;Document DLP 517, MCA MCA-3528, Yazoo L-1032
1937年10月30日にはMuscat Hill blues Don’t sell it (Don’t give it away) を(ともにDocument DLP 517に収録)
1938年12月4日はJam session blues Low life blues Token blues Come on over to my house baby の 4曲。こちらも Document DLP 517に収録。
1940年10月8日、Boll weevil blues Don’t sell it Sometimes I get a-thinkin’(別テイクも) Look here baby, one thing I got to say を、Alan Lomaxのために the Library Of Congressに吹き込み。こちらは Flyright SDM 260で聴くことが出来ます。

他に、Document 5143の Texas Slide Guitars Complete Recorded Works In Chronological Order 1930-1938には、ソロでのレコーディング以前の Shreveport Home Wreckersでの 2曲や、その後、Jimmie Davis(You Are My Sunshine で有名。後にルイジアナ州知事になった)をヴォーカルとして吹き込んだ 6曲、また Kitty Gray & Her Wampus Catsとしての 1曲も収録されています(他に Black Aceが 6曲)。ま、誰がテキサスやねん!という感じなんですが。
1956年にルイジアナ州シュリヴポートで死去。



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示されている広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-09-20 21:44

[ BACK to BIO-INDEX ]