Maxwell Street Jimmy Davis
1925年、Mississippi 州 Clarksdale 生まれ。本名は Charles Thomas なので、これはもうほぼ「改名」に近いかも。
初録音は Sam Phillips の Sun に 1952年 8月、Cold Hands / 4th and Broad を実名の Charles Thomas 名義で行っています。この録音は Chess と JIm Bulleit の Bullet レーベルに売られています。ただし、売られはしたものの発売には至らず、未発表のままとなっていますが。
1964年には二曲を吹き込み、それは Testament に収録されて発売されたそうです(未確認)。また初のフル・アルバムは 1965年に Elektra から。
その他 Takoma や Sonet などにも収録された曲があるようですが、オーストリアの Wolf からの Chicago Blues Session Volume 11( 1989年)が知られているようです。この Wolf といい、Sonet といい、どちらかと言うとヨーロッパでむしろ人気のあるブルースマンだったのかもしれません。
ただ、彼の場合、その活躍の場はレコードよりも、もっぱら Maxwell Street での路上ライヴにあったようですが。
Chicagoに出て来る以前には Silas Green や Rabbit Foot Minstrels で各地を旅し、1946年には Detroit、その後また各地を旅して、結局は Chicago に落ちつき、以後、生涯の殆どをそこで過ごしました。
一時期、Maxwell Street に小さなレストランを開いたこともあったようですが、それでも路上でのパフォーマンスは続けていたようです。
1995年12月28日、心臓発作で死亡。




reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示されている広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2009-11-16 20:20

[ BACK to BIO-INDEX ]