Roosevelt Sykes
Roosevelt Sykesは 1906年 1月31日、Arkansas州 Elmarで生まれました。しかし、彼がピアノを演奏するようになったのは Helenaに出てからだ、と言われています。
15才で彼は St. Louis周辺から各地のバレルハウスを回るようになり、その中で揺るぎない低音部や特徴のある右手のフレーズなどが鍛えられていったのではないでしょうか。
なんてエラそーなことを言うワタクシは、モチロンその足元にも及ばない「なんちゃってキーボーダー」ですから、専門の方々からは「おいっ、それはちゃうぞ!」なんてお叱りを受けることになるやもしれませんが。

その彼がレコーディングを開始したのが 1929年、Okehでの録音から、ということになります。しかるに彼はその翌年には、他のレーベルともガンガン契約しちゃうんですよねえ。
しかも、ちゃんと(ちゃんと?)そっちでは Dobby Braggや Willie Kelly、Easy Papa Johnsonなんてえ偽名を使って契約してるんでげすよ。
なんてえ悪いヤツだ!とお思いになられるやもしれませんが、ま、喰ってくためにゃあ少しでも多くリリースするっきゃないワケで、特に当時のレース・ミュージックに Okeh(にしろ他社にしろ)がそれほど大金を出してくれるワケもなく、他にも、この手を使ってたブルースマンは存在いたしますですよん。

それでも 1935年に Deccaに移ってからは、ミゴト彼の人気はブレイクし、しっかりしたプレゼンスをブルース界の一角に築き上げていったのでございました。
第二次世界大戦を経ても彼の人気が衰えることはなく、1943年、いわば大戦の真っ只中に、今度は Bluebirdとの契約を取り交わしています。
そして録音されたナンバー、彼と、そのバックを務める Honeydrippersによる I Wonderと、その曲名も The Honeydrippersという 2曲を 1945年のヒット・チャートに送り込みました。
続いて Sunny Roadもまたチャートに登場するヒットとなっています。

彼は Going Down Slow で知られる St. Louis Jimmy Odenとともに活動していますが、そっちは 7月 4日付の日記をご参照くださいませ。
その Bluebird時代のあと、1951年には United Recordsに変り、そちらでも素晴らしい作品を残しております。1955年には Imperialでの Sweet Home Chicagoがなかなか。その後、Bluesville、Folkways、Crown、Delmarkと遍歴を重ねて行きますが、どれも一定の評価をかちとっているようです。
1960年代末あたりからは New Orleansに落ち着き、1983年 7月17日の死まで、そこで余生を楽しんだ、とされとります。
彼の最後の録音は Blind Pigのために Michigan州 Ann Arbor(そ、あの Blues & Jazz Festivalのアン・アーバーね)の Blind Pig Cafeで 1977年に行ったライヴ・レコーディング、The Original Honeydrippersでした。



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示されている広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-11-06 21:40

[ BACK to BIO-INDEX ]