Shy Guy Douglas
Thomas "Shy Guy" Douglasは 1917年の11月 8日、Tennessee州の Franklinに生まれていますが、その後の生い立ちなどを示す資料に辿りつくことができませんでした。
そのかわり、ディスコグラフィーはかなり判明しており、Work With Her Boy( Sun 638 )、Detroit Arrow( Sun 639)、Hip Shakin' Mama( Sun 640)の、いずれも 1953年 6月 1日の Sunへのレコーディングも知られていますが、おそらく彼の初吹き込みは DeltaというレーベルでのRaid On Cedar Street / I Should Have Known( 1950年。名義は Tom "Shy Guy" Douglas)ではないかと思われます。
ただし、これはパーマネント・レコーディングではなく、今でいうプリクラみたいな、セルフ・サーヴィスで 1枚だけ切ってくれる盤じゃないか?という説もあります(一応シリアルは Delta 213)。
その説を信じるとすると、初の本格レコーディングは同じく 1950年になされた MGM 10769のまったく同じ組みあわせの 2曲、ということになりそうですが、一方では Deltaから MGMが買ったのではないか?という見方もあります。どちらも聴いたことがないので、どちらが正しいのか、が判断できないんですよ。

そして前述の Sunでのレコーディングを経て 1954年に Nashvilleで Excelloのために入れたのが Detroit Arrow / New Memphis Blues( Excello 2008─ Detroit Arrowは前述の Sun 639と同じ曲だと思うのですが、再録かどうかは不明です)、I'm Your Country Man / Wasted Time( Excello 2024)、そして She's My Kinda Girl / No Place Like Home( Excello 2032 )というワケです。
Excelloにはこの後、Long Gone / No Point In Crying( Excello 2279)を 1962年に入れているのですが、それがリリースされたのは 1966年になってからでした。
その 3枚目と 4枚目の間に、Shy Guy Douglas名義で 1954年に Yankee Doodle / Harvest Moon( Bring Her Back To Me─ Chane 517)、Little Shy Guy Douglas & The Hot Rods(マジか?)名義で 1956年に(ただしリリースは 1959年)Let's Rock And Roll / My Little Baby( Calvert 107)、ふたたび Shy Guy Douglas名義で 1963年に Let's Rock And Roll / My Little Baby( Todd1092)を録音しています。
Calvert 107は Championのカタログにも載っていますからリース、あるいは原盤著作権を売却したのかもしれません。

ところで、Nashvilleでレコード製作に携わってきた W.C."Red" Worthamってひとが 1940年代の終りころに Bullet Recordsで働いておりました。
彼は Nashvilleにおける戦後初くらいのインディー・レーベルを立ち上げていたようでして、そこそこ成功もしたらしいのですが、1949年には会社の規模を大きくした割りにはタマ不足、の状態となり、そこで Deltaレーベルを買収しています。
そこには当然 Shy Guy Douglasの原盤も含まれていた、っちゅうワケですね。
そして W.C."Red" Worthamは、Bullet/Sur-Speedと Delta Recordsというマイナー・レーベルの集合体のような企業を作り上げました。
その一部門、Bullet/Sur-Speed Recordsのカタログには、Shy Guy Douglasを録ったテイクがどっちゃりあります。
Yankee Doodleと Harvest Moonは Chane 517で、Monkee Doin' Womanと What's This I Hearは 1963年リリースの Todd 1092、Midnight Soul/take 1〜 4と Shy/take 1、2 & Disc Dubこの 2曲はカップリングされて Bullet 586として 1969年にリリース、Don't Leave Me Girlと Stone Doin' Alright /take 1 & 2はこれも 1969年に Bullet 587としてリリース、Miss Ilola、Evening Soul / Haulin'は1967年に Sur-Speed 221。
というワケで、怒涛の 8枚組み CD、ドイツ Bear Familyの BCD 15864 HL『A Shot In The Dark - Nashville Jumps』にも収録されていないMiss Ilolaだけがもしかすると unissued?

お金がフンダンにおありの方はその Bear Family BCD 15864 HLをお求めになるのがよろしいかと思いますが、なにも、そこまで、とおっしゃる方にはイギリス Ace CDCHD 652、No Jive: Authentic Southern Country Bluesあたりがよろしいかと。これでもShe's My Kinda Girlはモチロン、Wasted Time / I'm Your Country Man / No Place Like Homeの合計 4曲を聴くことが出来ます。

Thomas "Shy Guy" Douglasは 1984年10月19日、Nashvilleで死亡しました。



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示されている広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-11-15 20:17

[ BACK to BIO-INDEX ]