Slim Harpo
James Moore( Harmonica Slimあるいは Slim Harpoとして知られる)は、1924年1月(あるいは2月)11日に Louisiana州の Lobdellで生まれて、同じくルイジアナ州の Port Allenで育っています。
しかし第10学年(ちょっとアメリカの学制に詳しくないので、それが日本で言うところの高1に相当するものなのかどうか、よー判りまへん)の時に両親とも死んでしまい、彼は退学してドックで働き始めつつもハーモニカを独学でマスターし、1940年代を通して、州内のジューク・ジョイントやパーティなどを「Harmonica Slim」の名で回っていました。
そして1948年には、後には作詞を手伝ったりもした妻の Lovelleと結婚し、それとともにフル・タイムのミュージシャンに。

やがて彼はプロのミュージシャンとして Excelloに録音を始めますが、最初はライトニン・スリム( Otis "Lightnin’ Slim" Hicks)の伴奏でした。そして、Excelloのプロデューサー Jay D. Millerは、当時、ウェスト・コーストで同じ名前ながら、まったくの別人の"Harmonica Slim"がデビューしていたこともあって彼のステージ・ネームを、「Slim Harpo」に確定し、また音の作りも変更して、まず歌うキーを低くさせ、レイド・バックしたバッキングと組み合わせることによって、Slim Harpoをブレイクさせたのです。
1957年には「I’m a King Bee / Got Love If You Want It」を吹き込み。以後、ニューオーリンズで Imperialに1962年に吹き込んだものを除けば、1969年まで Excelloとの関係は続いています。
1960年代に入ってからはルイジアナ州内ばかりではなく、南部一帯をツアーするようになりました。
1961年「Rainin’ in My Heart / Don’t Start Crying Now」、1966年「Baby Scratch My Back(R&Bチャート第一位)」、1957年から1966年の間と思われる「Moody Blues」、1967年には Nashville(他はほとんどルイジアナ州 Crowleyでの録音)で「Tip On In」を録音。
彼はまた1967年にはライトニン・スリムと Chicagoのクラブに出演しており、同様にスポットで New Yorkや Los Angelesのブルース・ロック・シーンにも登場しています。

スリム・ハーポは’60年代中期のイギリスにおけるブルース系ロック・ミュージシャンに大きな影響を与えました。
ストーンズは「I’m a King Bee」と「Shake Your Hips」を、キンクスは「Got Love If You Want It」を吹き込みましたが、その曲はまた The Pretty Thingsも採り上げ、さらに「Raining in My Heart」も録音しています。ヴァン・モリソンは「Don’t Start Crying Now」、Dave Edmonds & Love Sculptureは「Shake Your Hips」をストーンズより先に入れているし、あの Moody Bluesはスリム・ハーポのインスト・ナンバーのタイトルからその名前をとったもの。
またロカビリーの Warren Smithは1957年に「Got Love If You Want It」を、さらにカントリーのハンク・ウィリアムス Jr.は「Raining In My Heart」をヒットさせています。

しかし、1970年の1月31日、彼は心臓発作のため、Louisiana州 Baton Rougeの病院で死亡しました。
そして彼の遺骸は出生の地ではなく、彼が育った Port Allenの墓地に埋葬されたのです。



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示されている広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-11-15 20:58

[ BACK to BIO-INDEX ]