Sonny Boy Williamson II
Sonny Boy Williamson II。
彼の Early Yearsには濃ゆ〜い霧(だか煤煙だか・・・)が立ち込めておりまして、第一、生年すら定かではございません。
それなのに、ナゼか誕生日だけは判っているのはどして?
様々な説がありますが、おそらく、1899年から1909年のどれか(!?)らしいのですが、12月 5日に生まれています。
生まれた場所は、Mississippi州の Glendoraに近い Tallahatchie Countyの Sara Jonesの農場で、Alex( alt. Aleck。ただし姉妹の証言によれば、時おり権威あるブルース研究者が主張する「Willie」と呼ばれたコトは「無い」とハッキリ否定されています)Miller( alt. Ford。出典不明)として記憶されています。
姉妹だけではなく、兄弟もいたようですがその名前などは不明です。
姉妹の方は Mary(結婚後の姓は Ashford)と Julie(同じく Barner)でともに Tutwilerに居住していましたが、同地で火災のため1995年に Julia Barner 95才、Mary ashford 89才で死亡しています。
それから逆算していくと、姉の Juliaが1900年生まれ、妹の Maryが1906年生まれとなり、どのみち Alexの生年と推定されるデータの幅がその両方の日付を「前後」にハミ出しているため、彼女たちが両方とも姉、あるいは妹だった可能性も、ひとりは姉でもひとりが妹だった可能性もあるワケです。ま、最近の通説では、彼を1899年生まれ、とするのが主流のようですから、それでいくと、ふたりとも妹だったコトになりますが。

その、おそらく妹と思われる Mary Ashfordの Living Blues magazineによる(というか、掲載された)インタビューの内容を信じれば、幼いころから、彼は「Rice」と呼ばれていたそうです。
本人は気に入ってなかったようですが、みんながそう呼んだ、と。
それが Alex "Rice" Millerの由縁でしょう。
また、彼のハープは独学であり、「誰にも教わってない」そうです。
1930年代を放浪生活の中で過ごしたらしく「1933年に父が死んだときにはもういなかったように思う。」また、「父は彼が音楽をやるコトを妨げたりはしなかった」そうで、そこら「怠けとらんで綿を摘め!」っちゅうてシバかれた他のブルースマンとはちょとちゃうよーですね。
また、家族の中でハープであれなんであれ、音楽に関わっていたのは彼ひとりだったと。

10代の彼はそのハープで自ら伴奏をつけながらブルースを歌っていたようですが、妹の Maryはブルースを忌み嫌っていたようで、たまたま彼が彼女のいた街に来て歌っていた時など、街で偶然、耳にしたことはあっても、わざわざ自分からそこに出向いて行くことはしなかったそうです。
おそらくは、その1930年代の前半と思われますが彼は結婚と離婚を経験しています。この時、子供はいなかったようですね。

1940年代には有名な Arkansas州 Helenaのラジオ局 KFFAの『King Biscuit Time』を通じて南部諸州にその存在を知られるようになっておりました。
その彼の初吹き込みは1947年の Trumpetへの「Mighty Long Time 」で、続いて Aceへの「No Nights By Myself 」を経て、1955年には Checkerに辿りつき、そこではより恵まれたバッキング、機材などにより、自身の古い曲を吹き込みなおしたり、また新曲も加えています。
ここでリストに加わったのが「Nine Below Zero」、「Cross Your Heart」、「Mr. Downchild」、「Fattening Frogs For Snakes」などです。
Willie Dixonの「Bring It On Home」はほとんど彼自身の作が多い中では異色の存在かもしれません。しかし彼が本当にブレークしたのはヨーロッパ・ツアー、特に英国ツアーがもたらした成果でしょう。
Yardbirdsと Animalsとのライヴ・レコーディングがもたらした彼の栄光はしかし1965年の 5月25日に Arkansas州 Helenaで消えてしまいます。心臓の発作でした。



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示されている広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-11-17 21:15

[ BACK to BIO-INDEX ]