Willie Baker
Willie Bakerの Weak-Minded Blues、そのタイトルに反して、やたらゲンキがいいじゃありませんか。
お仲間(?)の Charley Lincolnなんてアダ名こそ Laughing Charleyなんて言われてても、その歌となると、ケッコー内向的っつーか、ま、陰気、と言ってもいいようなダウン気味なのに対し、あくまでアッパーっつうか、あっけらかんと唄い上げていきます。

ギターの音の扱い、曲全体の構成など、Barbecue Bobや Blind Willie McTellなどにも通じる「この一派」に共通したクリシェが下敷きになっているようですが、このひとの唱法はその節回しや旋律の骨子などで、ところどころ、ブルーグラスなどにも一部共通するような白人的なものが見られるような気がいたします。
よく言うところのアパラチア山系の「ケルト系→アイリッシュ(あるいはスコティッシュ)→アパラチアン」という、古ヨーロッパ文明の残滓まで「嗅ぎ分けられる」なんてホラをこくつもりはありませんが、やはりアフリカ&西インド諸島由来のものだけではない「雑味」・・・じゃなかった「隠し味」が「むしろ」ブルースを引き立ててくれてるよな感じがしませんか?

彼は 1920年代の半ばから 1930年代にかけて、前述の Barbecue Bobや Charley Lincolnの Hicks兄弟(って、なんじゃそりゃ?って文面ですが、詳しくは 2003-10-162003-10-09あたりをご参照くださいませ)、James Weaverに Blind Willie McTellなどと Atlanta周辺において交流し、一瞬の光輝を放つのですが、あいにく、その彼の出自について、さらにその後の彼の人生なども歴史の中に消えてしまったらしく、それを辿り得る資料を捜し当てることは出来ませんでした。
収録アルバムは Yazooの The Georgia Blues 1927 - 1933。他に DocumentのComplete Recorded Works 1927 - 1930では Charley Lincolnとの組み合わせとなっています。

さらに Gennett 6766 Mamma, Don't Rush Me Blues なんてのが、コレクター垂涎の 78rpmレコードとなっているようですが、そこらも上の Documentには入ってたハズ。



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示されている広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-12-22 22:55

[ BACK to BIO-INDEX ]