Barkin' Bill Smith
Bill Smith(うう、Barkin' が無いと、メッチャ地味な、ホントにドコにでもありそな名前なのねん。Bill って William の愛称でしたっけか?遠い記憶の彼方に、なんだかそんなふーなことが見え隠れしてるんだけど、さだかではございません)は 1928 年 8 月18日、Mississippi 州 Cleveland で生まれております。最終的に( 1958 年とされる)は Chicago の West-side のバー(あ、これは修辞的ヒョーゲンでございまして、言葉どおりにとっちゃダメざんす)に辿り着くのでございますが、それ以前、1940 年代あたりに St. Louis でもいささか定住しておったようで、その縁で St. Louis Blues And Jazz Hall Of Fame にもミゴト殿堂入りをはたしております。また一部の資料では Chicago の前に Detroit にもいた、となっておりますが、元々あまりしっかりした Biography も無いようなので、確認いたしておりません。

ひとによっては彼のブルースに Percy MayfieldBig Joe Turner の影響を視たりもしているようですが、むしろ Chicago での行動範囲から Homesick JamesOtis Rush との関連をメインとする見方もあるようです。
先日、某板でも話題になっておりましたが、ブルースマン相互の影響の与え(&受け)合いってのはかなりなものがあったようで、それが「あの曲はホントは俺が作ったんだ」とか、「いや、君たちは俺がパクったと言うけど、どっちが先ってことじゃあないんだよ」みたいな「オリジナル神話(?)」の混乱を招いておるようです。
で、普通なら本人の証言ってのがイチバン信憑性がありそうなもんですが、どっこい、ことブルースマンに限っちゃあ、本人の記憶自体が「経年変化」によって都合よく「歪曲」されちゃう、なんてのがザラでございますからねー。本人が言うんだからマチガイ無い、なんてスタンスでは真相から遠ざかる一方、なんてことになりかねません。

その Barkin' Bill Smith ですが 1994年の彼自身のブレイク・スルーともなったアルバム『Gotcha 』レコーディングの後、膵臓ガンと診断され、彼を慕う、あるいは彼と親しくしていたブルースマンたちが、その闘病生活を支えるために 2000 年 2 月 6 日に Chicago の Buddy Guy's Legends においてチャリティのブルース・ショーを開催し、それに賛同して参加したミュージシャンってのがスゴい!Nick Moss & Fliptops、Rockin' Johnny Band、Joe Moss Band、Billy Flynn、Willie Kent、そしてとーぜん Buddy Guy、Willie 'Big Eyes' Smith、Eddie Taylor Jr.、James Wheeler、Ronnie Baker Brooks、Little Arthur Duncan、Frank Bang、Rob Stone、the Mighty Blue Kings の Jerry と Gareth、Twist Turner、Tail Dragger、Barrelhouse Chuck、Harlan Terson、Dave Clark、Donny Nichilo、Scott Dirks、Mike Sharf、Wailin' Walter、Dave Rice、Steve Cushing、Harmonica Todd、Larry Taylor、Giles Corey、Daryl Coutts、Dan Bellini、Armando Cortez、Mark Fornek、John Brumback、Elmo Bliss、Mr. H、Dave Katzman、Mike Bourne、Joe Campagna、Dave Gonzalas、Moonshine Kate・・・この時の収益は Delmark の Doug Engle ( alt. Engel )がとりまとめて彼の治療費として活用されたのですが、その協力もむなしく 2000 年の 4 月24日、Barkin' Bill Smith は還らぬひととなってしまいました。
それにしても、これだけのミュージシャンを集めた彼の「人望」、凄いですね。





これより下に広告が挿入されている場合があります
Blues After Dark はその広告に一切、関知いたしません

[PR]
by blues-data | 2005-09-02 17:07

[ BACK to BIO-INDEX ]