Billy Boy Arnold
Billy Boy Arnold こと William Arnold は 1935 年 9 月16日、Chicago で生まれています。
ハープは独学に近かったと思うのですが、12 才のときに近所に Sonny Boy Williamson I( John Lee Curtis Williamson )が住んでいることを知り、「サニー・ボーイになりたかった」と後にインタビューで語るほど彼のブルースに心酔していたようです。
訪ねていってチョークなどを教わったそうですが、三度目の訪問を目前にして、Sonny Boy の不慮の死に遭遇してしまいました。それでも、彼は「多くのものを学ぶことが出来た」と語っています。
とはいえ、Billy Boy Arnold のハープには「それほど」その形跡は無いよな気がするんですが、ハーピストが聴くと判るのかな?あ、こゆとこサニー・ボーイゆずりだ、って。
彼には 1936 年生まれの弟、Jerome がいますが、Billy Boy Arnold とはもちろん、他にもウルフ、ブルームフィールドや、バターフィールド、Southern Comfort などでもベースを弾いているようで、むしろロックの方で有名かもしれません。

さて、William Arnold ですが、彼より 8 才ほど年上のストリート・ミュージシャンだった Ellis McDaniel と組んで活動を初めます。
この Ellis こそ、後の Bo Diddley で、いわゆる「 Bo Diddley And His Washboard Trio 」の誕生でした。
1952 年には、まだ10代ながら Chicago の Cool レーベルと契約。「 I Ain’t Got No Money 」と「 Hello Stranger(お察しのとおり、Sonny Boy にインスパイアさた作品)」を録音しますが、ここで Billy「Boy」Arnold という名が決定しています。本人によれば「実際には17才なのに15に見られた。自称19才だったんだが」、やはりコドモっぽかったんでしょか?
1955 年にはボ・ディドリーが Chess にレコーディング(「 Bo Diddley/I’m A Man 」からヒットの連鎖が始まるのですが、これがリリースされたときに Ellis McDaniel が Bo Diddley となったそうです)。Billy Boy Arnold はそのサイドをつとめ、Bo Diddley を売り出すのに貢献していたのですが、やはり自分名義のレコードが出したかったようですが、チェスの Leonard Chess は彼をあまりよく思っていないみたいだ、という Bo Diddley のハナシから Chess ではなく VeeJay と契約をしてしまいます。
それでも Bo Diddley のバックはしてたので Chess のスタジオで録音した時に、 Leonard Chess が Billy Boy にも「吹き込んでみる?」と声をかけたことで、嫌ってる、とゆう誤解(?)は解けたのですが、時既に遅く、以後 VeeJay に吹き込むことになります。
え?Bo Diddley がガセネタわざと流したんじゃないか、って?う〜ん、そこら、なんとも言えませんねえ。

VeeJay で吹き込んだ「 I Wish You Would 」は地元局でヘヴィー・ローテーション扱いされるなど、ローカル・ヒットとなりましたが、どうやらエレクトリック・ベースを使用した最初のレコーディング・セッションだった、っちゅー説もあります。
その後も「 I Ain’t Got You 」、「 She’s Fine 」、「 She’s Mine 」に「 Prisoner’s Plea 」とヒットを連発し、僅か20才にして名声を確立しました。
1963年には Prestige から自身の初アルバム MORE BLUES FROM THE SOUTH SIDE もリリースしたのですが、次第にギグの動員も尻すぼみとなってバンドの維持もままならず、音楽から遠ざかってバスの運転手などをしてたよーです。
ところが(?)1960年代中ごろ、エゲレスで湧き起こった「ブルース・ブーム」が彼の運命を再び反転させるんでございますねえ。
彼が VeeJay に吹き込んだシングルは一時、コレクターズ・アイテムとなったくらいです。その中の「 I Wish You Would 」と「 I Ain’t Got You 」はヤードバーズもカヴァーしておりますが、それ以外にもアニマルズやデヴィッド・ボウイなどが取り上げたことにより、Billy Boy Arnold は一躍、注目を浴びることとなり、ついにはヨーロッパ・ツアーやヨーロッパでの録音の機会を与えられる、という「ふたたびの春」がめぐって来たのでした。
そのキッカケとなった VeeJay への吹き込みは CRYING & PLEADING として Charly から発売されています。
彼は、「 One of the first Windy City blues singers( copyright Richie Unterberger )」と表現されたりもしていますが、それは、彼が他の地方からシカゴに流入したミュージシャン(そ、シカゴ・ブルースとは言っても、それを構成しているのはたいてい「おのぼりさん」なのよねん)ではなく、生粋のシカゴ生まれ&シカゴ育ちだった、っちゅうとこにあるのでございますよ。
ま、だからどう、ってワケじゃないんですが。

Junior Wells の葬儀では彼が「 played an epitaph 」とあって、普通なら葬別の辞を述べた、となるんでしょうが、「 played 」となっているので「葬送の曲を演奏した」─かもしれません。
Billy Boy Arnold のアルバムに興味がおありでしたら下の URL なぞいかが。
http://www.applejam-mojoroux.com/applejam/cd_coment/billyboyarnold.html



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示される広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-09-02 19:33

[ BACK to BIO-INDEX ]