Blind Lemon Jefferson
この Blind Lemon Jefferson ですが、あまり資料がありません。かなり有名なブルースマンであるのに、その正確な経歴や、その死の真相などが「謎」のままなのですよ。
ある資料では、1897 年の 7 月11日生まれ、となっていますよね?しかし、1997 年の 2 月 6 日(木曜)に、Texas 州 Wortham の黒人墓地に新たに設置された墓碑銘には『 Lord, it’s one kind favor I’ll Ask of you. See that my grave is kept clean 』という彼の歌の一節とともに『 September 1893-December 1929 』という生没年が刻まれています。
これはブルース・ファンの寄付によって新たに墓碑銘を作る際に、Bruce Roberts が地元の文書館とテキサス州歴史委員会周辺を調査した際に発見した国勢調査の関係書類から類推したもので、彼によれば、他の説(主なものは1897 年生まれ、とするもの)を裏付けるようないかなる証拠書類や物証の存在をも確認できなかったため、それまでに登場したことの無い説ではあるものの、最も整合性のある時期として、1893 年の 9 月を「採用」したそうです。したがって、そこに明確な根拠となる「なにものか」が存在したワケではありません。

Texas 州 Freestone 郡の Wortham( Couchman )で、Alex Jefferson と Classie Banks(あるいは Bates )の間の 7 人の子供のうちのひとりとして生まれた、とする記述も( http://music.lycos.com/ )あります。
幼少期にはすでに視力を失っており、生まれた時から、とする記述も見られますが、彼の写真で、その眼鏡が透明なレンズを使っている点から、部分的な視力は残っていたのではないか?とする説もありますが、今となっては検証のしようもありませんね。

ツアーも積極的に行っていたようで、テキサス州の東部などがメインだったようですが、やがてダラスに流れつき(?)そこで Leadbelly と出会っているみたいです。レパートリィも多く、10才ほどもレモンより年上なのに、にもかかわらず、若いレモンのほうがブルースでは「リードしていた」そうです。
このあたり、レモンと Leadbelly は行動を共にしていたらしいのですが、Leadbelly が 1918 年から 1924 年まで服役することになったため、ふたりのコネクションは短期間で終っています。
レモンの声価が上がるにつれ、彼はより遠いところまで廻るようになり、1920 年代の初頭からは南部諸州に足跡を残したコトになってるんですが。
特にミシシッピー・デルタはいい稼ぎにもなったみたいですよ。ま、そんなにあっちこっち廻れたってのも、大抵は有蓋貨車のタダ乗りで、ま、なかにゃあ払ったってのもあったんでしょが、ともかく鉄道がメインだったようです。

ダラスで Sam Price の推薦により彼は Paramount に「見出され」、1925 年から 1929 年にかけて、最終的には(別テイクも含んで)100 曲を Chicago、Atlanta、Richmond に Indiana などでレコーディングし、その中から 43 曲が Paramount レーベルで発表されています。およそ彼が登場するまでは、商業的な側面からは「ブルース」が "Ladies Music"(Mamie Smith、Bessie Smith、Ma Rainey など)だった、という分析もありますが、その辺は異論もあることでしょね。
ま、なんにしろ、彼が充分な商業的成功を収めた「初の」男性ブルースマンである、っちゅーのは確かでしょう。

その彼が雪降るシカゴの路上で死体となって発見されたのが 1929 年の暮れです。
この件に関しては「謎」が多く、一説では強盗に襲われたのだ、とか、いや、死因は心臓発作であるとか、そーじゃない、凍死だ、など様々な説が入り乱れ、中には、車中で心臓発作をおこしたレモンを「お抱え運転手」が雪降る路上に蹴り出して放置したのだ、なんて複合説まであるようですが、現在まで死亡診断書は発見されておりません。

彼の遺体はピアニストの Will Ezell によって列車で帰郷し、彼が少年期を過ごした家に近い Wortham Black Cemetery に(一説によると1930 年の元旦に)埋葬されました。前述のように 1967 年まではその場所を示すものひとつない状況でしたが、彼を偲ぶファンたちは単なるマーカーでは飽き足らず、大規模に寄付を集めて立派な墓石を新調し、1997 年に建立。毎年集めた寄付で、それ以来彼の墓はミゴトに『 grave is kept clean 』であり続けているそうです。



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示される広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-09-02 20:08

[ BACK to BIO-INDEX ]