Blind Willie McTell
William Samuel McTell( McTier という異説あり) は Georgia 州の、Augusta からは 30 マイルほど西にあたる Thomson の南で生まれています。しかしその生年には異説があり、1898 年とするものと、1901 年である、とするものです。一応、信頼出来そう(?)な日付として 5 月 5 日というのが挙っています。どちらにしても 20世紀初頭のアメリカ南部では、黒人の新生児の生年月日など殆ど重視されていなかったのかもしれません。

彼の父、Ed McTell は酒とギャンブルにどっぷりで、彼が生まれてすぐ母と別れています。
母は彼を連れてさらに南の Stapleton に移り、1907 年、当時、木材とテレピン油の生産で賑わっていた Statesboro に最終的に落ちつきました。
1920 年代の中頃には盲学校で点字と音楽について学び、やがて Macon の州立学校、さらに、New York や Michegan、さらに North Carolina の学校にも行っており、これはもちろん当時の平均的黒人子弟の学歴としては異例なものです。

しかし、彼にとって、ギターのとっかかりとなったのは、かなりの腕だったという母の存在があったようで、また父の方からも多少は学んではいるらしいんですが、後には Statesboro の Seph Stapleton というひとの手ほどきを受けました。
10 代ですでにショーの一員としてツアーに参加してたようです。

彼は Atlanta、Thomson、そして Statesboro を本拠とし、Georgia 州を中心に活動していたようですが、なかなか稼ぎは良く、1934 年に結婚した Ruth Kate Williams という女性が通う看護学校の学費も彼が出していたそうです。(ただし、1941 年には二人は別れたようですが、正式な離婚というよりは「別居」だったのかもしれません)
1959 年の 8 月19日、バーベキュー・パーテイのさなかに倒れた彼は病院に運ばれる途中で死亡しました。死因は肥満と高血圧から来る心臓のトラブルだったようです。美酒・美食のツケってヤツですね。



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示される広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-09-02 20:12

[ BACK to BIO-INDEX ]