Bobby Marchan
Bobby Marchan は 1930年 4月30日に Ohio 州の Youngstown で生まれています。
よく、少年合唱団などで、「天使のような」美声で注目される子がいたりしますよね?
でも、たいていは変声期を迎えて、汚い(まではいかないとしても、かっての「美声」から考えると「無惨な」声に・・・)胴間声やらガラガラ声になってセンセをガッカリさせる・・・
それでも中にゃあ、その危機(?)を乗り越えて、それなりの美声を保つ場合もあります。
この Bobby Marchan の場合、さほど音高は女性的とも思えないのですが、ま、どことなく女性っぽい声に聞こえないこともありません。

そんなとこを買われたのか、「女役」のシンガーとして「芸」を磨いておった、と言います。
資料によれば、実際に一行に女が交じると、なにかとトラブルのもととなる、っちゅーことから、メディシン・ショーのミュージカル仕立ての場面でも、男なのに「女」として登場し、高い音域で歌う専門の芸人がいたそうですから、まさに Bobby Marchan はそれだったのでしょう。
しばらくは「その道」で稼いでいたようですが 1953年には彼自身のショー Powder Box Revue を組んで New Orleans の Dew Drop Inn に出演していたのですが、そこでこの街がすっかり気に入った Bobby Marchan は New Orleans を終の住処と定めたもののようです。
そして Club Tijuana で M.C.として働いていたときに Aladdin Records の社長 Eddie Meisner によって見出されました。
1954年には Cosimo Matassa*の J&M でデビュー・シングル Have Mercy を吹込んでいます。

* ─ Cosimo Matassa: 1926年 4月13日、New Orleans で生まれる。フレンチ・クォーターで暮らすイタリア系移民の家庭で、多種の音楽に触れて成長する。
特に父はジューク・ボックスのレンタル業者だったようで、そのような環境も大きく作用していたのではないでしょうか。
また、ジューク・ボックスに「供給」する音盤も作ろう、と思い立つのも自然な流れだった、とも言えるでしょう。
1945年、僅か 18才で New Orleans の North Rampart Street 838番地に J&M Recording Studio を開き、以後、数々の歴史的録音を送り出しています。

その一部を紹介すると

Good Rockin' Tonight : Roy Brown: 1947
Mardi Gras in New Orleans : Professor Longhair: 1949
The Fat Man : Fats Domino: 1949
Lawdy Miss Clawdy : Lloyd Price: 1952
Tipitina : Professor Longhair: 1953
Feelin' Sad : Ray Charles: 1953
The Things That I Used to Do : Guitar Slim: 1953
Dust My Blues: Elmore James: 1955
I Hear You Knocking : Smiley Lewis: 1955
Tutti Frutti : Little Richard: 1955
Let's the Good Times Roll : Shirly & Lee: 1956
Over You : Aaron Neville: 1960
There's Something on Your Mind : Bobby Marchan: 1960
Come On By : Earl King: 1960
Shake Your Money Maker : Elmore James: 1961
Mother-In-Law : Ernie K-Doe: 1961
Ya Ya : Lee Dorsey: 1961
Ruler of My Heart : Irma Thomas: 1962
All These Things : Art Neville: 1962
Trick Bag : Earl King: 1962
Big Chief : Professor Longhair: 1964
Barefootin' : Robert Parker: 1966
Cissy Strut : the Meters: 1969

・・・なんてえ作品がそこからは生まれております。

ただし、その所在地は North Rampart Street から 1956年には Governor Nicholl's Avenue に移転し、さらに 1965年、Camp Street の Jazz City Studio に移転しています。
2000年には the Louisiana Blues Hall of Fame の殿堂入りをはたしました。

しかし Aladdin ではケッキョクあまり Bobby Marchan をプッシュすることなく手放してしまい、そのため彼は代わって Dot に移り、そこでは Just a Little Ol' Wine をレコーディング。
続いては Ace Records の Johnny Vincent が彼のショー・パッケージ自体を買い取ったのですが、このとき、そのヴォーカルの Bobby Marchan を「女だと思っていた」というエピソードがあったそうです。
それでも 1955年には Give a Helping Hand を Ace に入れていますが、このときは契約上の問題から Bobby Fields の偽名を使用していました。
1957年の Chickee Wah Wah でようやく本名に戻り、正式に Huey "Piano" Smith & His Clowns に「リード・ヴォーカリスト」として参加しています。
で、当然、そこで数々のヒットに貢献したワケですが、あの Big Jay McNeely のヒットをリメイクして Fire からリリースされたシングル There's Something on Your Mind が R&B チャートの No.1、Pop チャートでも 31位にランクされたのを機に(資料によっては、すでに 1959年の早い時期に既に Clowns から抜けていた、としているものもあります)独立しました。その後は多少のヒットもありましたが 1970年代以降は、また「女」声シンガーとして、あるいはショーの司会者としてあちこちのクラブに出演していた、と言われています。
1999年12月 5日、肝臓ガンのため New Orleans で死亡しました。



reserched by Othum: Blues After Dark


注!この下に表示される広告はエキサイトが勝手に掲載しているものであり、当方は
その商品やサービスを「一切」推薦しているものではありません。






[PR]
by blues-data | 2005-09-02 22:29

[ BACK to BIO-INDEX ]