Charles Brown
Charles Brownが生まれたのは 1922年 9月13日で、Texas Cityです。
一説によれば、彼が生まれてすぐ(まだ生後六ヶ月でした)母が亡くなり、祖父母のもとで育てられることになったのですが、その祖父母に教会でピアノやオルガンを弾くようにしつけられていたにもかかわらず、(あるいはそれが災いして、か?)彼はミュージシャンではなく、高校の化学の教師(!)になっています(ただし、これにも異説があり、そちらでは、音楽をやりたかった彼の意思に反して両親が教師になることを「強いた」となっておりますが、したらお母ちゃんも生きとるやないの!ムジュンしとるなあ。さらにアリゲーターのサイトによれば、彼は 10才でクラシックのピアノを学び始め、後には Art Tatumのジャズ・ピアノに影響を受けた、とされとります。ま、ぜんぜん資料の無いのもアレだけど、あったらあったで、異説だらけ、っちゅうのも困ったもんです)。
1943年には(異説:1944年) Los Angelesにいたようですが(これはどの資料でも言及されてるんですが)「オンガクで、もっと稼げる」ことに気付き転向したんだとか。

まず Ivie Andersonの Chicken Shack clubに「シンガー」として雇われ、当時ナンバー・ワンの Los Angelesのグループとしては the Nat "King" Cole Trioでしたがそこでギタリストをしていた Oscar Mooreと兄弟の Johnny Mooreのグループに採用されて出来たのが Johnny Moore and the Three Blazersで、このグループで 1946年(alt.1945)にトバしたヒットが「Driftin' Blues 」です。
これでこのグループは全国的に有名になり、New Yorkの Apolloシアターにも出演していますが、グループ自体は 1948年に分解してしまい、Charles Brownは新たなメンバーで同じ名前のバンドを組んで、それ以後の活動を続けますが、もはやソロとしての資質が表面化して来ていたようです。
1950年代に入ると「Merry Christmas Baby 」、「Black Night 」、「Seven Long Days 」などのヒットを出しました。
また彼の作品は B.B.や Ray Charles、 Sam Cooke、Amos Milburnに Fats Dominoなどにも採り上げられ、ソング・ライターとしての才能も開花してゆきます。

「 Trouble Blues」や、彼の他の代表作「Driftin' Blues 」、「Black Night 」、「Hard Times 」、「Merry Christmas Baby 」は、Hard Times and Cool Blues UK Sequel NEXCD 133で聴くことが出来ます(ただしオリジナル・マスターは失われているため、再生速度がアヤしく、チューニングが合わなかったりします。なんで、こゆの再生するときに調律師を呼ばないんだろ?彼らにアドヴァイスしてもらったらもっと正しいピッチ出るのにねん)。
1940年代から1950年代中頃までの録音は Aladdin labelになされています。

「 Trouble Blues」はおそらく 1959年に Aceに吹き込まれた New Orleans録音と思われますが、1960年代に入ると、彼のサクセス・ストーリィにも「翳り」が出てきます。
やや低調だった 1960年代から、1970年代の半ばまでは、Los Angelesのクラブなどで歌っていたようですが、再発見(?)されて the 1976 San Francisco Blues Festivalに出演し、さらに the Long Beach Blues festivalなどにも連なるのですが、レコーディングでは「かっての栄光」には及ばなかったようです。
ただし、ミュージシャンからの彼の評価は「低い」ワケではなく、ゲストとしてボニー・レイットやエルヴィス・コステロが来てくれるくらいですから、なかなかのもんでしょう。
1988年の12月には PBSから放映されたスペシャル『That Rhythm…Those Blues 』に Ruth Brown(姓は同じ Brownだけど血縁はありません)と出たことによって彼もまた広い範囲に顔を知られるようになりました。

1990年代の彼は音楽のディレクターで、かつギタリストでもある Danny Caronとともにツアーにも出ています。しかし、病が彼の出演回数を減らすようになってきており、R&B財団によって彼の功績が認められ、国の芸術基金によって文化財の保護基金の適用が決まったことを記念して開かれたコンサートの数日後、そして the Rock And Roll Hall Of Fameに殿堂入りする 2ヶ月前の 1999年 1月22日に死亡しました。



reserched by Othum: Blues After Dark


[PR]
by blues-data | 2005-09-03 22:39

[ BACK to BIO-INDEX ]