Floyd Dixon
おそらく、Hey Bartenderはブルース・ブラザースの演奏したのがイチバン普及(?)してるかもしれませんね。
それのプロト・タイプとなったのが、この Floyd Dixonでございます。

彼は Blues Piano Chicago, Plusに一緒に収録されてはいますが、だからと言って、たとえば Little Johnny Jonesなどと同じ傾向のピアニスト、と思っちゃうと、ちょっとちゃうようなんですが。
そこんとこ、 Blues Piano Chicago, Plusのライナーを書いてる Pete Lowryによれば、彼は Versatile Performerであり、さらに Ray Charlesに通じるものがある、みたいな指摘もされております。
ま、有り体に言えば、このひとを Blues Piano Chicago, Plusに入れちゃうってのがそもそもちと無理がある(あ、そこら、日本盤解説の日暮氏は『シカゴ・プラス』の『プラス』ってのがこの Floyd Dixonだ、なんて言ってますねえ)ようで、そこら、なにより「音」を聴けばナットク、てなもんじゃないでしょか。
いやまあ、「こりゃシカゴじゃない!」なんてゆーほどのアレでもないですが、「う〜ん、シカゴねえ?」てな疑問符はつきそうな音って感じかも。

ちょっと正確なフル・ネームには辿り着けなかったのですが、1929年 2月 8日、Arkansas州と Louisiana州にも近い Texas州東部の街、Marshallで J. Riggins Jr.が生まれました。
この街はテキサス州の入り口、という意味で「テキサスの玄関」やら「テキサス州の文化的州都」はたまた「テキサスのアテネ(!)」などと呼ばれておるようでございます。
2000年の国勢調査では人口が 24,000人弱というところで、かってはここでもテキサス大学への入学を巡って公民権運動の高まりを見せたこともあったのですが、しかしその時にはすでに Riggins家はそこを離れ、Los Angelesへと移動した後でした( 1942年、彼が 13才のとき)。
ただし、彼がブルースやゴスペル、あるいはジャズといった音楽に親しみ、歌とピアノの両方を覚えたのは、まだテキサスにいたころだと言われています。
Los Angelesに来た彼は Charles Brownと接触を持ち、そこから大きな音楽的な影響を受けたのではないでしょうか。
そしてどうやらこのあたりから、あの Floyd Dixonという名前になったようですが、そこら、由来やら必然性やらエピソードなんてえものもちと見当たりませんなあ・・・
ここで彼が入ったのが Johnny Moore's Three Blazersで、後にそのバンドのベーシスト Eddie Williamsとともに Aladdinや Comboに Charles Brownスタイルのナンバーを録音したりもしています。

ただし自己名義では 1949年に Modernと契約してジャンプ系のナンバーを録音し、そこでは Dallas Blues ( R&Bチャート 10位のヒット)を始め、(それには及ばなかったけど) Mississippi Blues などをリリースしました。
続いてかれは Aladdinに変わり、そこでは 1950年の Sad Eyes というヒットを出しています。さらに Telephone Blues 、そして Call Operator 210 までが Aladdin。どうやらここまでは Johnny Moore's Three Blazersがバックを務めていたようでございますねえ。
1952年になると、こんどは Specialtyに移り、さらに 1954年には Atlanticの子会社だった Catに移籍。
この Hey Bartenderは、その Catに吹込まれ、Cat 114としてリリースされたものです。
そしてお馴染みブルース・ブラザースによって一躍有名になった(?)この曲ですが、Koko Taylorもやってるんですよね。
あ、そー言えばビル・ワイマンのリズム・キングスもやってるんだそーです。

ま、ざっとこーやって見て来ますってえと、どー考えても、ウエスト・コースト系のジャズ・フィールドとややオーヴァー・ラップするミュージシャンかな?って感じで、まあ、テキサス系と言えなくもないでしょが、なんだかシカゴってえセンはやはり薄いよな気がしますねえ。
ま、たまたま Blues Piano Chicago, Plusを編纂する際に、この Catの録音も活かそうぜ!てなノリで一緒にしちゃったんでしょね。「いいんだよ、だからプラスなんだから。」てなもんで・・・



reserched by Othum: Blues After Dark


[PR]
by blues-data | 2005-09-06 23:15

[ BACK to BIO-INDEX ]