Frank Frost
Frank Frost は1936年の 4月15日、Arkansas 州の Auvergne( alt. Augusta, Arkansas。Memphis の約 70 マイル西)で生まれています。
その家庭は音楽に縁があり、父は管楽器、母は鍵盤楽器を、ともにゴスペルの伴奏のために演奏していたようで、彼自身の最初の楽器も教会の合唱団に伴奏するピアノでした。
1951年、15才の時に彼は St. Louis に移り、そこでハープ・プレイヤーの Wiilie Foster のバンドにギタリストとして参加しています。
そこに現れたのが Sam Carr*で、父のとこにいてはコキ使われるだけだ、と思ったのか(?) St. Louis に移ってきて、自分のバンドを作ろうとしたようですが、フロントマンを必要としていた Sam Carr が目をつけたのが Frank Frost だった、っちゅうワケ。
「 Willie Foster にとっちゃ Frank Frost がそれほど必要、ってワケじゃなかった」のだそうで「だから彼を引き抜くのに後ろめたさは無かったねえ」とゆーイキサツで、この時から Frank Frost と Sam Carr の長〜いツキアイが始まります。

* ─Sam Carr は1926 年 4月17日、Mississippi 州の Friar's Point で「あの」 Robert Nighthawk の息子として生まれています。
彼はごく小さいときから父のバンドを通じて音楽に関わり、やがてはそのバンドでベーシスト兼ドライヴァーとして働くようになるんですが、ワシゃ、こんな人生イヤじゃ!とゆーことで(?)独り立ちを目指し St. Louis に行ったのでしょか。
出あったころの Frank Frost も Sam Carr もギターを弾いておったんですねえ、これが。
「 Frost よりは俺のほーがウマかった」だそうですが・・・ まあ、自分で言ってるだけですからねえ。こゆこというブルースマンはゴマンといます。ちゅうか、これこそブルースマン「らしさ」てな気までするくらいで!
ただし、この時期、Willie Foster のバンドではなく、父の Robert NightHawk のバンドで Frank Frost も一緒に演奏をしていた、としている資料もありますが、それは1960 年代のハナシでしょ。

その Willie Foster のバンドにいた時には、ジミー・リード・スタイルのハープを学んだそうですが、最も多くのことを学んだのはやはり Sonny Boy Williamson からだったようで、基本的にはサニー・ボーイ・スタイルだ、と自分では言ってますね。
でも、人柄の違いが「音」に出るのか、Frank Frost のハープははるかにシンプルでストレートで「暖かい」ような気がするんですが・・・1956 年から、割れたボトルのガラスで手に怪我をしてしまい、ギターを断念する1959 年まで、サニー・ボーイのギターを務めたそうですが、サニー・ボーイは彼にハープを教えて、まるで自分の息子であるかのように扱ってくれたそうです。
「彼についちゃイロイロ言う人もいるようだけど、俺にとっちゃ偉大な存在だ」

そして Frank Frost と Sam Carr のふたりは Mississippi 州に向かいます。
1960 年には Sam Phillips の International Records に初の吹き込みをしていますが、このときには契約関係にうとかったのか、「たった」 800 ドルが支払われただけだったとか。
そして1962 年にはギターに "Big" Jack Johnson**を迎えて吹き込み。

**"Big" Jack Johnson は1940 年 Mississipp i州 Lambert で生まれています。
Sonny Boy Williamson、Jimmy Reed、Robert Nighthawk から Carl Perkins までのサポートを行い、1961 年には Memphis の Sun Studio で初吹き込み( alt. 1964 年としている資料もあります)。
彼は1970 年代の晩期からは The Jelly Roll Kings のシンガー、ギタリスト&ベーシストとして活躍し、1980 年代に入ってからはソロ・アルバムもリリース、2002 年には日本にも来ています。
成功してからもデルタにとどまり、そこからツアーに出る生活を続けているとか。

その "Big" Jack Johnson を加えたバンドは Frank Frost and the Nighthawks と呼ばれていたようで、そのメンツでは1962 年にシングルとアルバム Hey Boss Man! を録音。
バンド名は Little Sam Carr and The Blues Kings になったりもしておりましたが、Jelly Roll Kings で落ちついたみたいです( 1978 年に、シカゴに本社のある Earwig Records に吹き込み)。
1966 年には Scotty Moore のプロデュースで Nashville で Jewel Records に「Things you do 」を含む 3 枚のシングルとアルバム一枚を吹き込み。「 Baby Scratch My Back 」はマイナー・ヒットになりました。
また、この Frank Frost、Sam Carr、Jack Johnson で構成されるトリオは Robert Nighthawk がデルタに来たときにはバッキングをしていたらしく、他にも B.B.や Little Milton、Johnnie Taylor、Albert King に Jimmy Reed などのデルタでのバッキング・バンドを務めています。
彼らはまたミシシッピー州内のジュークジョイントをめぐり歩いていますが、バンドとしての吹き込みは前述の通り1978 年の Earwig への Jelly Roll Kings 名までしばしお休み。あ、でも、ここでは Frank Frost は Farfisa オルガン(?)を弾いてます。

1990 年の Midnight Prowler を最後に Jack Johnson はバンドを去り、Frank Frost と Sam Carr の二人は相変わらずミシシッピー・デルタを廻り歩き続けたのでした。
1990 年代には Arkansas 州 Helena の Missouri Street 121 番地の古いビルにある Eddie Mae's Cafe を本拠地として周辺でギグをしていたりしていたのですが、1992 年に Robert Palmer のプロデュースで製作されたドキュメント、『Deep Blues』で採り上げられたことによって広くその存在を知られるようになりました。
また映画『Crossroad』の影響もあったのでしょう、Helena の彼のもとには若いハープ奏者が訪れて、どしたらそんなふうに吹けるのか?とか、ハープでイチバン大事なのはなんですか?などと尋きにくるそうですが、そんな時の彼の答えは、いつも決まってて、「そりゃ胃だべ。ここ(と胸をさす)から上で吹いちゃダメだあ」だそうです。
Joddy Williams がしばらくブルースから離れていて、再起を決意したとき、「(指は動かなくなっていたものの)ブルースはここ(アタマ)とここ(ハート)に残っていた」と言っていたのと真反対でオモシロいですねえ。「胸から上」じゃあアタマはもちろん、ハートも含まれてるワケですから。
また、お気に入りのハープのブランドやモデルはあるか?という質問も多いようですが、答えは「なんでもいい。」だそうです。ただ録音で多く使われているのは Marine Band の「 C」。

Sam Carr は Frost より10 才年上なのですが、アスリートのようなカラダつきのせいか、実際の年齢より 2・30 才は若く見えるのに対し、晩年の Frost は車椅子での生活で、 1999 年の10月12日、Helena で死亡しました。


reserched by Othum: Blues After Dark


[PR]
by blues-data | 2013-03-21 18:14

[ BACK to BIO-INDEX ]