Harmonica Fats
Harmonica Fatsは 1927年の 9月 8日(蛇足ながら、同じ 9/8 生まれには Guitar Shorty、菊田俊介、そしてカントリーのほうのジミー・ロジャースがいます)、Louisiana州 Shreveport(一部の資料では、その Shreveport 南東の郊外、20km ほどのところの McDade、としています)に生まれ、本名は Harvey Blackstone。
17才で(1946年、とする異説あり)Californiaに移りますが、1956年に事故(詳細は不明)で失職し、それがミュージシャンになる原因だったそうです。
George Smithとの交流でハープの基本を学び、やがて Ike & Tina Turner、ボビー・ダーリンのレコーディングに加わり、Papa John Creach(たしかホット・ツナのライヴ・ヴィデオに出てたよーな・・・)のアルバム、『FILTHY』にも一曲だけ参加するなど、数々のセッションに参加しています。

「Tore Up」は、1962年に DARCEYレーベルから 45 R.P.M.シングル DARCEY5000(Skylark 600)としてリリースされた曲ですがバックは不明。
でも、この Harmonica Fats、アルバムが出たの、1991年になってからで( I Had To Get Nasty Bee Vampから)、その意味ではあまり「重視」されてなかった、ってのが判りますねえ。
自分名義では、1994年の Two Heads Are Betterが最後で、次ぎは同じく Bee Vampから白人のギタリスト、バーニー・パール(このヒトはロング・ビーチの FMステーション KLONの DJとしてブルースの番組も持っており、1980年には『Long Beach Blues Festival』を始めたひととして知られています)と一緒に、『Blow, Fats Daddy, Blow!』(アコ仕立て)を出してますね。

活動の中心はウェストコーストで、2000年の1月3日、ガンのために死亡していますが、そのニュースでは「 Los Angelesのハーピスト」とありましたから、最後まで西海岸ですごしたもののようです。

どうやら「 Harmonica Fats」の名に恥じない体型だったらしいですが、声は決してクリーンとは言えない、ちょっとディストーションがかかってる(?)みたいなトーンで、ともかくバリバリ行くタイプ!
なんだか、とっても楽しそうに歌ってるよに聞こえちゃうんですが、気のせい?

この「Tore Up」が聴けるのは、Londonの Blues Obscuritesシリーズの Volume Two "LONESOME HARMONICA"です。ウチのはアナログなんで参考にゃならんと思うけど、London GXF 2002です。該当するCDもあるんじゃないかなあ?(とムセキニンな・・・)
他には、かの迷盤(?)Red Lightninの『When Girls Do It』にも「How Low Is Low」(これも1962年となってるから、もしかして「Tore Up」とカップリングだったりして?なんて思いましたが、その後、EP 盤の画像つきで、カップリングはMama Mama Talk To Your Daughter For Me であったことが判明いたしました。Darcey 5003)って曲が入ってますので、モノズキなみなさま、探して聴いてみてくださいませ。


SINGLES
Tore Up / I Get So Tired : DARCEY 5000 & SKYLARK 600 : 1962( REGENCY 928- 1963 CANADA, STATESIDE SS 184-1963 UK, ACTION 4507-1968 UK, FLEETVILLE FV-304)
Mama Mama, Talk To Your Daughter For Me / How Low Is Low : DARCEY 5003 : 1962
My Baby Didn't Come Home / Drive Way Blues : DOT 16978 : 1967
The Birds And Bees / The Big Round Wheel : IN-SOUND 401 : 1967
Funky Drop(by Harmonica Fats & Moonshine Willie with Joe Kincaid & the Soul Brothers Show) / unidentified(by Jeane Mitchell) : NORMAR 354 : 196?
Your Mouth Stuck Out / Get In The Groove : NORMAR 358 : 196?
Long Cool (Summer Time) Blues / Top Show : MASAI 99982 : 1970

ALBUMS

Guitar Junior-BROKE AN' HUNGRY : CAPITOL LP 403(reissue- Crosscut CCR 1006, 1984 GER) : 1969,10,6-8、recorded in L.A. with Harmonica Fats-hca, Don Randi-pno, Don Peake-gtr, Lyle Rilz-bs and Paul Humphrey-dms : Wee Wee Hours/Things I Used To Do/Going To The Mardi Gras/Texas Flood/Tom Cat Blues/Rooster Blues/The Train And The Horse/Broke And Hungry/When There's No Way Out/Don't Touch Me Baby/Bed Bug Blues

HARMONICA FATS & THE BERNIE PEARL BLUES BAND- LIVE AT CAFE LIDO ( CAS ─ってナニ?カセット?) : PEARL TIL-BLAC PROD./BEE BUMP BB 01? : 1990 : featuring Harmonica Fats-vcl/hca, Papa John Creach-vl/vcl, Michael Barry-bs, Terry "Big T" de Rouen-gtr/vcl, Bernie Pearl*-vcl/gtr, Albert Trepangier Jr.-dms : Steel (As Much As You Can)/Drownin' On Dry Land/Inside Out/Little Red Rooster/Boogie All The Way/Movin'/Georgia On My Mind/Tore Up/You Got Your Mouth Stuck Out/Harmonica Fats Blows/Please Send Me Someone To Love/Walking Blues

HARMONICA FATS & THE BERNIE PEARL BLUES BAND-I HAD TO GET NASTY (LP/CD) : BEE BUMP BB/BEBCD 02 : 1991 : probably personnel same as above : In Love With Three Girls/Put My Clothes And Shoes Back In The Closet/I Had To Get Nasty/Jelly Rollin' Papa/Harmonica Fats Blows/Baby, You/Boogie All The Way/Louisiana Blues/She Got Soul/Slidin' Defender/Low Desert/Automobile Blues (sang by Bernie Pearl)/It's Christmas Time Baby

HARMONICA FATS & THE BERNIE PEARL BLUES BAND-TWO HEADS ARE BETTER THAN ONE (CD) : BEE BUMP BB/BEBCD 04-1995 : probably personnel same as above :

HARMONICA FATS & THE BERNIE PEARL BLUES BAND-BLOW, FAT DADDY, BLOW!
(CD) : BEE BUMP BB/BEBCD 05-1996 : probably personnel same as above : Blow, Fat Daddy, Blow!/She's Way Out Of My Class/Looking For My Tools/Blues For Mrs. B./House Going Round And Round/Westside Boogie/Why Should I Holler?/I Get So Tired/Helicopter Blues/You Got Your Mind In The Gutter/The Funky Pony/Blues Kaddish




reserched by Othum: Blues After Dark


[PR]
by blues-data | 2005-09-07 21:25

[ BACK to BIO-INDEX ]