Howlin' Wolf
Howlin’ Wolfでございますが、ワタクシなんぞがゴチャゴチャ言うまでもなく、いわばブルース界の「スーパー・スター」でございますゆえ、その伝記にしても、ディスコグラフィーにしましても、もっと優れたものがすでに存在しております。したがって、ここではカンタンに言及するに留めたいと思うのでありますが。

彼は1910年の6月10日に、ミシシッピー州の Aberdeenと West Pointの間にある小さな駅「White Station」で父、Leon "Dock" Burnettと、母、Gertrude Youngの間に生まれました。
両親が離婚して、Will Youngっちゅー叔父に預けられますが(そーとー「ハードな」叔父だったとか)彼が司祭をしてたホワイト・ステーションのバプティスト教会の聖歌隊で歌っています。
たぶん、それがウルフの音楽の出発点だったかと・・・(あ、その前に鍋を叩いたり、汽車の汽笛を真似たりしてたらしいから、それをスタート、っていう考えもあるよーですが)
母はストリート・シンガーで手書きのゴスペルの譜面を売って喰いつないでたらしいんで、とても息子のメンドー見られるよな状況じゃなかったんでしょね。そんな母はウルフが「悪魔の唄を歌った」っちゅう理由で絶縁しちゃったんだって。
ううむ、ウルフの書いた曲でタマに、女性に関する偏執的な大言壮語が見られるのは、その母親との「寒々とした関係まで辿ることが出来る」なんてゆー見方があるくらいでございます。
13才の時には「地獄のような」Will Youngのとこを逃げ出し、父のいた Deltaに行き、父の再婚後の子供たちと合流し、Ruleville近くの Young & Morrow農園で働くようになり、Charlie Pattonからのギターの影響を受け、1928年1月には父が彼に最初のギターを買ってやったそうで、さらに Rice Millerからはハープを習った、とされております。

1941年には召集され、陸軍の通信部隊で、北西太平洋の Fort Lewisや Washington、Camp Adairで過ごしました。
除隊後、農業のかたわら、Willie Brownや Son Houseとともに Mississippi州北部の Lake Cormorant周辺で週末に演奏。
1948年、James Cotton、Junior Parker、Pat Hare、Matt "Guitar" Murphy、さらに Willie Johnson(当時 KWEMに出演していた)などとのバンド活動に入るため、Arkansa州 West Memphisに。
1951年、Sam Phillipsに見出され、「Moanin’ at Midnight」と「How Many More Years」を吹き込む。
1952年に発売されるやビルボードの R&Bチャートのトップ10入り。1953年 Chicagoにうつる。

・・・と、RPMか Chessか?なんてあたりもスっとばしちゃいますが(そこら詳しくお知りになりたいなら、もっとウルフの熱心なファンって方のサイトに行かれたほうが・・・)、そのワイルドかつタフなステージングとは裏腹に、家庭でのウルフは模範的な夫であり、Arkansas州に農地を所有して釣りや猟を楽しみ、地区の消防団の活動に参加し、さらにはメーソンの支部のメンバーでもあったようです。

1964年には Lillie Handley(Willie Brownの妹で、1957年に知りあう)と結婚。
1965年には、ローリング・ストーンズとともに、アメリカのテレビのロック番組「Shindig」に出演。
1970年には、ロンドンでクラプトンやストーンズのメンバー、などのロック・ミュージシャンとのセッション The London Howlin’ Wolf Sessionsをリリース、ポップ・チャート79位となる(彼のアルバム中のベスト)。

ただし、60年代晩期からは心臓発作など、健康に影がさし始め、1970年には Trontでの交通事故で腎臓を害ねてしまいます。三日に一度人工透析を受ける状態となりますが、それでも1973年には、彼の最後のスタジオ・アルバム Back Door Wolfをレコーディング、1975年11月には B.B.、Albert King、O.V. Wright、Luther Allisonなどと Chicago Amphitheaterで共演するなど、最期まで真摯にその活動を続けて行ったようです。

そんな彼に永遠の休息が訪れたのは、Chicago Amphitheaterでのスタンディング・オヴェーションに律儀に応えた後、楽屋から救急搬送された病院で、その2ヶ月後の1976年1月10日のことでした。
彼は Illinois州 Hinesに埋葬され、1980年に「栄光の殿堂」入りし、1991年にはロックの「殿堂」入りを果たしました。さらに Mississippi州 West Pointは、1997年に銅像を建立し、以来毎年夏に『Howlin’ Wolf music festival』を開催しています。



reserched by Othum: Blues After Dark


[PR]
by blues-data | 2005-09-08 09:13

[ BACK to BIO-INDEX ]