Lowell Fulson
Lowell Fulsonは Oklahoma州 Tulsaの Choctawインディアンの居留地で1921年の 3月31日に生まれています(祖父が Choctawインディアン、という資料があります。ただし ktateさんの「ブルース人名辞典」では、チェロキー・インディアン、しかも祖母が、と違っています)。
育ったのは Texasとの州境に近い Atokaで、12才の時に叔父(あるいは伯父。英文の Uncleではその違いが判りませんので)からギターを貰い、すぐに弾けるようになったようで、まずハウス・パーティなどでアコースティック・ブルースを演奏するようになりました。
1939年には Texas州 Gainesvilleで Texas Alexander*のバンドに加わっています。そこでは後に彼が録音することになる多くのナンバーをモノにしたり、演奏に関する様々な経験を積むことになったようです。

* ─Texas Alexander:Alger Alexander. b.12 September 1900, Jowett, Texas( alt.1880 in Leona, Texas) -d. 16 April 1954. Richard, Texas ( alt.1955 Houston, Texas) Lightnin' Hopkinsの従兄弟と言われる。楽器を弾かないブルース・シンガーで戦前からのテキサス・ブルースマン。


1940年代の中頃、California州 Oaklandにおける 2年間の海軍での軍役を終えて、そのまま San Franciscoにとどまった彼はそのスタイルをさらに都会的なものに仕上げて行きます。
一般的なミシシッピー→シカゴ、という図式とは異なり、彼は第二次世界大戦中にテキサスとルイジアナの隘路をくぐり抜け、ウェストコーストに辿り着いたのでした。
Oakland勤務で知りあったプロデューサーの Bob Geddinsの紹介によって、Big Town、Down Town、Gilt Edge 、そして Trilonなどのレーベルに吹き込みを始めたのが1946年のことです。
1950年にはツアーを開始していますが、そこには Ray Charlesも在籍していた、と言われています(ただし資料によっては初吹き込み以前に在籍していたかのように書かれているものもあります。また、Ray Charles以外にも、ギターに Ike Turner、サックスに Stanley Turrentineあるいは King Curtisがいた、という記載もあります。「3 O’Clock Blues 」の際の12人編成のバンドに Ray Charlesが含まれている、とする説もありますが、Ray Charlesの Biographyではツアーに同行した記載のみなので、1950年のツアー・メンバーから、とする説がやや優勢です)。同年、3曲を R&Bチャートのトップ10に送り込みました。「Every Day I Have The Blues 」、「Blue Shadows 」と「Lonesome Christmas 」がそれですが、特に Memphis Slimの「Nobody Loves Me」をベースにした、と言われる「Every Day I Have The Blues 」はご存知のように多くのブルースマンによって愛され、広く普及することとなりました。

前年には Aladdin Recordsとも接触はしたものの、1954年にはシカゴの Chess Recordsの"Checker" labelと契約。そしてそこで吹き込んだ一曲によって目ざましい成功をおさめます。それが、「Reconsider Baby」なのでございますよん!
ジャンルを超えた名曲として、Rufas Thomasや Freddie Kingなどのブルース畑のアーティストばかりではなく、Elvis Presleyや Merle Travis(「Trouble, Trouble」)、 Lou Rawls(「Room With A View」として)、Foghatにクラプトンと、この曲を愛したアーティストは多岐にわたります。それだけ、この歌詞としっかり結びついた独特のメロディ(いやいや、ブルース業界では稀な部類ですぞ!こんなにしっかりした「曲としてのアイデンティティ」を持ってるっての)が多くの人たちに受け入れられた、ってことでしょうね。資料によれば、R&Bチャートの 5位にまで到達しています。

彼と Chessとの関係は 1963年まで続いたようですが、1965年には Modern/RPM/Flair fame Recordsのオーナーでもある the Bihari familyが所有する Los Angelesの Kent Recordsと契約。
この Kentでは、名前を Lowell Fulsomと綴っているようです。そしてリリースされて大ヒットとなったのが「Tramp 」でした。1967年に R&Bチャートの 5位にまで上り、これまた皆様ご存じのようにオーティス・レディングによってカヴァーされることとなります。
1969年には Jewel Recordsに移籍しロックに接近した録音を行ったりもしていますが、同時期、Crazy Cajunや Graniteなどのレーベルにも録音をしていたようです。
1980年代からは海外にまで進出し、その後も1990年代までツアーや、ヨーロッパのレーベル(おフランスの Blue Phoenix Recordsなど)、あるいは Rounderや Bullseye Blues labelsなどにレコーディングを続け、1993年には W.C. Handy blues awardsを獲得し、「殿堂」入り、また1995年には Them Update Blues (Bullseye Blues CD 9558)がグラミー賞のベスト・トラディショナル・ブルース部門にノミネートされました。

1990年代の中頃から腎臓の機能障害から、週に三度の人工透析が必要になっていた Lowell Fulsonは、1999年の 3月7日(alt.3/6)腎不全と糖尿病、さらに合併症による心臓の衰弱などによりキャリフォルニア州 Long Beachで死亡しました。

なお、Lowell Fulsonに関しては、すかさんの http://homepage1.nifty.com/bluesknk/flsn.html もご参照くだされば、桁違いにより正確かつ詳細な情報が得られますよん。



reserched by Othum: Blues After Dark


[PR]
by blues-data | 2005-09-14 14:42

[ BACK to BIO-INDEX ]