Marcel Dugas
Marcel Dugasは Louisiana州 Church Pointの出身です。
1956年には Stick Hermanと一緒に Marcelle Dugas Comboとして Lake Charlesにある Eddie Shulerの Goldbandレーベルにレコーディングを開始しています(後にこの時の原盤は Hollywood Recordsにリースされました)。
1969年の 6月には Eddie Shulerがフィドル&ギターの Wild Bill Pitreを中心に据えて Marcel Dugasが率いるバンド、 Wild Bill's Blues Washboard Bandを録音しています。
そのバンドから Wild Bill Pitreを除き、かわりのギターを入れて録音したのが Flyright LP 4701 Baby Yum Yumと思われます。
これはさらに LP 543として再発されたようですね。
この Marcel Dugas & The Thundersは Texas州 Richmond出身の Ernest Johnson( Clifton Chenierのバンドにもいたようですが、Cleveland Chenierの加入であぶれた?)をラブボードに、また Blind John Hartをテナーとして擁していたようです。
ドラマーは通称 Jockyで Lightnin' Slimや Lonesome Sundownの録音にも顔を出しています。

Marcel Dugasは「 One of the old school of early zydeco players」なんて表現されるように、どちらかと言えば「古いタイプの」アコーディオンを弾いていたみたいですが、ブルース色の混じった Zydecoになる以前のFrench La-Laなどと呼ばれるダンス・ナンバーを得意としたようです。

Lafayetteの店、『 El Sid O's』で 80才あたりまで、ザディコ・プレイヤーたちと一緒になって楽しんでいた、といわれています。



reserched by Othum: Blues After Dark


[PR]
by blues-data | 2005-09-16 23:31

[ BACK to BIO-INDEX ]