Matt Murphy
Matt Murphyと言えば、Blues Bros.?それとも James Cotton?どっちを思い出しますか?
どっちの彼もいいですよね。パワフルに「ガツン!」と来るギターじゃなく、5.65mm高速ライフルの連射みたくシタタタタ・・・と畳み掛けて来る連続ワザがタマらん、ってえタイプのプレイがなかなか好きでした。

彼は1929年の12月 27日、 Mississippi州の Sunflowerで生まれました。
兄弟が 4人、姉妹が 2人、異母姉妹が 1人いたようですが、まったく、英語ってヤツは「不完全な」言語ですなあ。兄と弟じゃあ「まったく意味が違う」だろがあ!姉なのか妹なのかハッキリしろいっ!
おそらく 3、4才くらいのときに、ギターに興味を持ったようですが、「ワタシがギターを選んだんじゃない、ギターがワタシを選んだのだ」そうでございますよん。彼の家にはギターが一本も無く、知人の家で見掛けるなり魅入られたように目が離せなくなってしまい、見かねた(?)家人が弾いてもいいよ、と言ってくれたそうです。
兄弟姉妹の中で 4人ほどはギターを「チョビっと」弾いたそうですが、彼がギターをならったのは母の死がきっかけで、Mississippi州の Holly Spring近くにいた母の姉妹(ほら、ここでも姉か妹か判んないから伯母なんだか叔母なんだか判んないぞう!)のもとで暮らすようになったときに(その伯母 or叔母のダンナ、Fletcher Perryもらしいけど)、知りあった(母の Sarah Richards、父の Spence Richardsに Harry、Jim、Fredといった子供たちからなる) Richards一家は全員ギターを弾いてて、中でも Fred Richardsは彼にギターを教えてくれたのですが、それが 7、8才のころだったそうです。
ただ、Richards一家の中でイチバンウマかったのは Jimだったらしく、その指使いは彼を魅了したようです。しかし、リズム感はイマイチだったようで、「リズム感は高校( Memphisの LaRose Schoolと Manassas School)で学んだ」と。

「おば」はかなりレコードを持っており、おかげで彼はあらゆる種類のレコードを聴いたようです。Clyde McCoyがトランペットで演奏した「Sugar Blues」や Blind Lemon Jefferson、「The Devil’s Son in Law」の触れ込みで有名な Peter Wheatstraw、Blind Boy Fullerや Kokomo Arnold、ジャズでは Charlie Christianに Dorsey Brothers、そして Nat King Coleにそのギタリスト Oscar Moore。Johnny Mooreはその兄弟ですがもう少しブルース寄りの演奏をしていて、その Johnny Mooreが一緒に演奏していた The Three Blazers with Charles Brown。こういったレコードを聴くことで彼の音楽性は定まっていったのかもしれません。その当時は L-5が欲しかったそうです。
ところで、なんでか彼の父は、自分もギターが弾ける、ってことをズっと隠していたみたいで、後になって初めて父がギターを弾いてみせたとき彼は心底ビックリしたみたいですよ。
どうやら、父としては彼をミュージシャン「なんか」じゃなく、もっとカタい職業につかせたかったみたいで、自分もギター弾くっての教えなかったらしいですなあ。
父はメンフィスに移ってから DuPontに長いこと勤めてましたが、ついに音楽とは縁のない生活を送ったようです。

彼が手に入れた最初のギターは「白い」キレイなSilvertone だったそうですが、ホントに弾き始めたのは Fender(モデル名は不明です)を手に入れてかららしく、Fenderの時代もかなり長かったようですが、その後 Gibsonにスイッチし、そしてまた Fenderへ。ケッキョク両方とも使っているようですね。
やがて父についてシカゴに行ったとき、ライヴを見て、そのコードのおさえ方に驚愕したようで、なんとかしてモノにしよう、と「 George M.Smith Method」っていうコード・ブックのようなものを買ったようです。オーギュメントにディミニッシュ、セヴン・ナインスなどもこれから学んだ、と。

1940年代に入ると、まず Tuff Greenのバンドに参加、続いて Junior Parkerの Blue Flames(他に Ike Turnerやドラムの L.C. Dranesも在籍)のリード・ギタリストになりました。
そして Junior Parker( You’re My Angel / Bad Woman Bad Whisky )と Bobby Blandのレコーディング・セッションにも参加。
1952年には Chicagoに移り、そして Memphis Slimのバンドに 7年在籍しています。
1963年にはヨーロッパ・ツアーに参加し、Sonny Boy "Rice Miller" Williamsonのバックで Delmarkに吹き込み。そして1970年代には James Cottonに参加。1977年には Bostonに移り、以後お馴染みのBlues Brothers でまたまたブレーク!
そして1990年にして初めての彼のソロ・アルバム『Way Dowa South』を発表。この『The Blues Don’t Bother Me』は二枚目、ということになります。

彼は常々健康に気を配り、摂生にハゲんでいたようなのですが、皮肉なことにそんな彼が発作で倒れてしまったのだから、世のなか判りませんねえ。



reserched by Othum: Blues After Dark


[PR]
by blues-data | 2005-09-16 23:33

[ BACK to BIO-INDEX ]